HOME > 産業遺産 > 遊泉寺銅山跡

遊泉寺銅山跡

小松市の鉄工機械工業発展の礎に

小松エリア
小松市鵜川町
緑のツタに覆われた、かつての大煙突

緑のツタに覆われた、かつての大煙突

記念公園

記念公園

真吹炉跡

真吹炉跡

大正初期には5,000人が住む鉱山町

現在の小松市鵜川町の山中に、徳川時代の安永元年(1772年)に開坑した銅山がありました。地名をとって「遊泉寺銅山」と名付けられました。この銅山の本格的経営に乗り出したのが、のちに小松製作所(現コマツ)を起こす竹内明太郎でした。明治35年(1902年)のことです。高知県出身で吉田茂元首相の実兄でもあった明太郎は全国各地で起こした鉱山の経営経験を生かし、遊泉寺−小松間の約8kmに及ぶ専用鉄道の敷設、小型溶鉱炉真吹法の採用など、近代的な経営によって業績を上げました。大正初期の最盛期には従業員1600人を数え、家族を含めると5000人もの人たちが住み、病院、郵便局、小学校などが軒を並べた鉱山町を作り上げたのです。
遊泉寺銅山は経済環境の変化から大正9年(1920年)に閉山となり、その役目を終えましたが、明太郎は鉱山機械製造の「小松鉄工所」を経て、大正10年(1921年)に資本金100万円で小松製作所を立ち上げました。このように、遊泉寺銅山は小松市の鉄工機械工業発展の礎として今日に受け継がれています。
その貴重な遺産を後世に伝えようという動きが地元で高まっています。鵜川町の静かな山あいにある広場には、美しく整備された遊泉寺銅山の記念碑や明太郎の銅像がたち、近年、バイオ式のトイレや駐車場も作られました。広場からは一周約1.5kmの遊歩道が設けられ、広場から山道を数百m歩くと、精錬所跡にある高さ20m直径2.5mの大煙突が見えてきます。レンガを積み上げたようですが、今はツタに覆われて美しい緑の煙突となっていました。このほか遊歩道に沿って竪坑跡や廃鉱を捨てた砂山、機械の据え付け台など往時を偲ばせる遺構をいくつも見ることができます。

広場や遊歩道の整備、補修には地元の人たちがボランティアであたっています。コマツOBで地元の鵜川町に住む橋本哲夫さんは、「お世話になった会社の発祥の地が地元にあるのも何かの縁です。貴重な遺産を後世に伝えていきたい」と話しています。

小松市のボランティアガイド「ようこそ」が「コマツ発祥の地、遊泉寺銅山跡と涌泉寺事件」と題したガイド付のウオーキングを不定期に開催している。スケジュールやコース、集合場所、参加料金など詳しいことは小松市役所観光交流課へ。遊歩道入り口には駐車場やトイレも整備されている。

【遊泉寺銅山跡】
問合先 小松市役所観光交流課TEL 0761-24-8076
住所 〒923-0063 小松市鵜川町地内
アクセス 北陸自動車道小松I.C.から東へ車で約25分